本文へスキップ

ケガの後遺症でお悩みならさいたま市大宮の無痛整体院エルナ療法院やすらぎ  ケガ後の不調を根本改善 宇都宮線土呂駅徒歩4分 駐車場2台完備

ご予約・お問い合わせは
TEL.048−778−8912

HOME>お客様インタビュー・体験談>ケガの後遺症 

ケガ(ろっ骨のひび)の後遺症 お客様インタビュー

肋骨のひびの後遺症から回復されたお客さまの体験談です。


肋骨のひび後遺症体験談



『受けるたびにこれで元気になって帰れるっていうパ−センテージが確実に上がっていきました。』
 
      ニュージーランド在住  H.S様

現在、ニュージーランドにお住まいのS様。
肋骨のひびをきっかけに身体の痛みや不調に悩まされ、様々な治療を受けるものの悪化の一途をたどっていったそうです。
ニュージーランドでの治療を諦め日本に帰国し、見事に回復された様子を詳しく伺いました。

【目 次】

第1章 きっかけは肋骨のひびによる胸の痛み

第2章 様々な治療を受けるものの症状は悪化

第3章 無痛ゆらし療法との出会い

第4章 いよいよ施術開始。施術の印象と症状の変化

第5章 施術を検討している方へのアドバイス



第1章 きっかけは肋骨のひびによる胸の痛み


ーいつからどのような症状でお悩みでしたか?

2012年7月の半ばくらいからです。
初めはろっ骨(肋骨)にひびが入ったという診断をうけました。

庭で温室を作っていたのですけど、おそらくその作業の途中に何かが起きたのか、あるいは犬の散歩でグンと引っ張られたか何かだと思うのですが、本人は全く意識がないうちに痛めていたのですね。
それで、なんか呼吸が苦しいことが多くなりまして。
いつもの背中が痛いとか肩がこるというのとは違うなと思って病院に行ったらそういう診断を受けました。
レントゲンを撮っていただいて、ひびが入っているという感じだったのです。

何も処置のしようがないと痛み止めだけ処方され、なるべく安静に、という指示を受けて、だいたい4週間くらいで良くなるからというお話でした。
それが始まりでした。

ーその後、身体に異変が起きてきたのですね?

そうですね。
なるべく体を使わないようにとはいえ、やはり家事とか色々あったので、かばいながらやってはいたのですが、ちょうど1カ月後くらいですね、車で長距離の移動をする機会があったので、その時には自分としてはもうほとんど良くなっているという感じだったので、乗っているくらいならと軽い気持ちで出かけてしまったのですけど、その帰り道に本当に今まで経験したことのないような激痛がガンガンガンガンときまして…

ー激痛というのはひびのあたりですか?それとも違う場所ですか?

ひびのあたりだと思うのですが、胸全体って感じでもう本当にバンバンバンバンされているような感じだったんです。
おそらく車の振動を拾っていると思ったので、持っているジャンパーだとかとにかくお尻の下に敷けるようなものを入れました。
自宅について痛み止めを飲んで少しおさまりましたが、それ以降車に乗ることができなくなってしまったのです。
乗ると激痛がひどいので…

肋骨のひび後遺症

ーその痛みは、車に乗っているときだけだったのですか?

それが、そのうち普通にしていても常に圧迫感を感じるようになりました。








第2章 様々な治療を受けるものの症状は悪化

ーその後また病院へ行かれたのですね?

そうです。
ひび自体は治っているのでどこも悪くないと言われ、胃酸を抑える薬を処方されました。
おそらくドクターは逆流性食道炎だと思われたのだろうと思います。
特に病名は言われなかったのですが、処方された薬から考えると、そう診断されたのだと思います。

ー薬を飲んでどうでしたか?

良くなりませんでした。
そして、インターネットでいろいろ調べまして、これは鍼に行ったらどうにかなるのかしらと…
ニュージーランドには整体というのはなく、こういった症状に効きそうなものとしては鍼ぐらいしか思い当たらなかったので。

2回目くらいで車に乗る痛みは少し和らいだのですが、消えることはありませんでした。
4、5回受けたと思いますが、疑問点があることを先生に聞いたりしてもきちんとしたお返事や説明をいただくことができなくて、本当に良くなるのかしら…と不安が募り、精神的にちょっと受けつけなくなってしまい行くのを止めてしまいました。

ー鍼に行かなくなり、症状はどうなりましたか?

だんだん喉から胃への締め付けがひどくなって、食欲不振になってしまいました。
友人の紹介でいいドクターを紹介してもらって、その先生がステロイドの注射をちょうどこの胸のひびが入ったエリアに3ヵ所打ってくださいました。
確かに、その注射を打ったあとは、車にはもう本当に問題なく乗れるようになったんですね。

ー胸にステロイドの注射を打ったのですか?

そう、3ヵ所。すっごく痛い注射でした。
しばらくして、もうこれで大丈夫と思っていたのですが、そのドクターが一応内科もちょっと心配なので調べておきましょうということで、血液検査と尿検査を受けました。
どちらも全く問題なくて、その1カ月後くらいに超音波の検査を予約していたので受けたのですが、胃の辺りぐいぐい押されてそれでまた辛く、痛くなってしまいました。

ー強く押されたのですね?

かなりぐいぐいやられました。
この後に、食事ができなくなってしまって、下着もつけられなくなってしまいました。

ーそれについて、先生は何とおっしゃっていたのですか?

ドクターは、超音波の時に押されたせいでそんなふうになるわけないっておっしゃって、それはピロリ菌のせいだといわれて…
冗談みたいな話なんですけど完全にモルモット状態ですよね。

まあたぶんあちらのやり方だと思うのですが、検査をすることもなくピロリ菌の除菌治療ということでトリプルセラピーというのですが、抗生物質二種類と胃酸を抑える薬というのを一週間やりました。
そしたら下痢がひどい状態になって食事が取れなくなってしまい体重が一気にゴーンと落ちてしまったんですね。

ーそして、12月に入ってぎっくり腰になってしまった。

そうなんです。
それは庭に行って低い所にあったバラの花を一輪切ろうと思って座って切ったらもう立てなかった。
そんなことは初めてだったのでとてもショックでした。

ーそれはどうされたのですか?

次の日にオステオパシーに行って、幸いにして一回でどうにか立てるようになりました。
でも、ぎっくり腰をきっかけに、喉から胃にかけての痛みが余計にひどくなってしまったんです。


第3章 無痛ゆらし療法との出会い

ーそれから自分の治療も兼ねて日本に帰ってこようと思われたのですね?

はい、そうです。


ー初めはどのように検索されたのですか?

初めはですね、とにかく似たような症状から探していこうと思ってgooとかOKウェーブとかの教えてくださいの掲示板みたいなところとか、あとは実際に現役で働いていらっしゃるドクターの方がお返事してくれるサイトですとか、整体の方のそういったサイトとかもありまして、似たような症状を探しました。
そこで、整体のサイトで無痛ゆらし療法っていうものを目にしまして、これってなんなのかしら?ってそれまで聞いた事がなかったので正直興味半分だったんですけど。
そこからたどって見たのが恵比寿のホームページだったんですね。

ー最初に無痛ゆらし療法のホームページをご覧になった印象はどうでしたか?

面白いなって。
アプローチが今までの整体とは違う、バキバキ、ボキボキやりませんっていうことで、でもそれだけだと正直言ってたぶん私は受けてみようとは思わなかったと思うんですね。
こういう言い方したら失礼ですが、だからどうなの?というところがあったので。

ただすごく理論的に説明されていて、振動を与えることによって脳に働きかけるっていうところと、実際に受けられた方のインタビューの記事で、男性の方だったんですが大学時代に振動か何かのお勉強をされていた方のインタビュー記事がとても参考になったんです。


【身体へのアプローチの仕方と実際に受けた方のインタビュー記事を読んで納得】


その方が、先生が振動を身体に与えている時に身体の声を聞いている、動かして様子を見ているような印象を受けられ、それが、自分が振動を勉強していた時のやり方とすごく似ていると思って、これは効くんじゃないかってその人は思ったというふうにあったのです。
それを読んだ時になるほど!と、なんかすごく自分の中にすっと入っていく、納得いく部分があったんですね。

その方の感想では、実際に初めて施術を受けて最初は全然効いている感じがしなかったんですって。ところが終わりの最後10分位になった時に自分の身体がぐんぐん変わってくるのを感じたらしいのです。
確かに即効性があるにこしたことはないのですが、身体が即効的に治ってしまうと逆にまた戻ってしまうのも早いような、例えばダイエットなんかでもそうですよね?
時間をかけて減らしていくとリバウンドが少ないっていうような感じの考え方を私はする方なので。

もちろん早く治ればいいですが、はい、ここでは良くなった、でも家に帰ったらしんどいっていうのでは意味がないと思うので、こうやって少しずつ身体を元の状態に戻すっていうこと、良くしますではなくて元の状態に戻しますっていうそのアプローチの仕方も私にはすごく納得のいくことだったので、これはいいかもしれないって思うことができました。

ーそこからご実家の近くでということで当院のホームページをご覧になったのですね?
初めに見た印象はどうでしたか?

はい。まず埼玉の治療院を検索しまして一番近かったのでこちらのホームページを拝見しました。
ホームページの印象はすごく良かったのですが、私はそれまでかなり長い間患っていたことと、ニュージーランドであまりにも折られてしまった経験が多かったので素直に信じるっていうのが怖くなっていたところもあって、本当かしら?
またなんかいいことばっかり言ってんじゃないの?みたいな感じがあったんです。

そのあともしばらくいろんな治療法を探して情報を集めたりしていたのですが、もう一度戻って拝見して、以前受けられた方の体験談とかを読んでみるとやっぱりここがいいかもしれないって思いました。

「どんなことでもご相談ください。」っという一言と、私が治しますっていう上から目線ではなくて「一緒に良くしましょう、皆さんが良くなるお手伝いをさせていただきたい。」というのを見て、よし、勇気を出してメールを出してみようかなって思いました。

ーメールをいただいてから、帰国まで約1カ月間メールのやり取りが続きましたが、どういう印象を持ちましたか?

もう感動しました。
本当に、お世辞とかではなくて、会ったこともない人間にここまで丁寧に対応してくださるんだっていうのがまずありまして、ホームページで見た通りの感じ、最初に受けたすごい感じのいい人だなっていう印象そのまんまだったんで、あっ本当にこういう方なんだ、じゃあこの方を信頼しようって素直に思えました。


第4章 いよいよ施術開始。施術の印象と症状の変化

ー施術を受けられた最初の印象はいかがでしたか?

最初にこちらの治療院に伺ったときにとってもリラックスできる環境だなって思ったんですね。
正直申し上げてそんなに安いお値段ではないんですね、でもそのお値段を払うだけの価値をここではちゃんと用意してくださってるなっていう印象がありました。
施術は、受けさせていただいて、こういうのもだったんだ、と。
やっぱり想像していてもわからなかったので。本当にソフトなタッチで、あっこういう感じなんだっていう。

1回目は受けて確かにちょっと楽になったんですが、これからどういう風に変わっていくのかなっていう、これから先が楽しみな感じでした。
あとやっぱり先生はお会いしてみたら想像した通りの方で、それもやっぱり安心に繋がりました。
「一緒に良くしましょう。」って「帰るまでには必ず良くなりますよ、大丈夫ですよ、ご安心ください。」っていう一言が本当にありがたくて、大きな安心につながりました。


肋骨のひび後の不調

ー最初は3日間続けて来ていただきましたね。
喉の違和感や、胸の痛み、下着が付けられない、声が出しづらいといった症状はどう変化していきましたか?

一気に変わりましたね。
来るたびに本当に少しずつ楽になっていくのが実感できました。


施術後、帰りの駅までの道のりが本当に軽やかなんです。
あー気持ちいいって言う感じで、家に帰ってごろっとしてゆっくりして。本当に違いを感じたのは確か3回目くらいだったと思うんですけど、お風呂に入っている時の胸への圧の感じ方がぐっと減ったんですね、あれが私はものすごく感動で、あーすごいって!

ーそれまではお風呂のお湯でさえ圧迫されているような感じが?

はい。
それが自分にとっては自然なことになってしまっていたと思うんですが、お風呂に入った時のぐうっていう圧力がかかった感じがこない、違和感がないのがすごい!って、あれはものすごく感動でした。


ーさらに施術を続けていかれて、症状はどう変化していきましたか?

3回目以降は来るたびに身体がどんどん軽くなって解きほぐされている感じがすごくあって、毎回毎回がすごい感動でした。
5回目過ぎたあたりからぐーんとあがってきた感じがあって、おかげさまで短い時間ですが下着もつけられるようになりましたし、前回の施術が終わった翌日は、喉のつかえが何もない状態で、あんなに気持ち良く朝起きたのは本当に久しぶりのことだったのでとても嬉しかったです。

ー1月23日に施術をスタートして約2週間でほぼ症状がないというところまで来ましたね。

2週間ちょっとでこれだけの成果が出るっていうのは、感動的です。半分はそのつもりで来て、でも半分はやっぱり不安でっていう感じで最初は始まりましたから。
受ける度に、もうこれで元気になって帰れるっていうパーセンテージが確実に上がっていく感じが嬉しかったですね。

肋骨のひび後遺症回復体験談 ーこれからニュージーランドに帰られますが、帰りの飛行機の不安はありますか?

飛行機の不安は正直言ってないです。
飛行機12時間乗って、また車でそこから長く行きますからかなり疲れるとは思いますが、車は途中休みながら行くつもりでいますし、疲れても教えていただいた自己療法をやれば絶対に回復できるっていう自信が今はついたので、そういう意味では不安はないですね。

ー実際にこうやって施術を受けてみられて、この療法(無痛ゆらし療法)をどう思いますか?

素晴らしいと思いました。
無痛ゆらし療法っていうのは最初は名前だけを聞くとまやかしっぽく聞こえてしまう感じがあると思うのです。
たぶん『無痛』って言う言葉が入っているからなのかな?
変な言い方をすると新興宗教的な感じ、そういう感じにとられてしまうかもしれない。

私も一瞬、うーん。。。ていう感じはあったので。でもホームページをみると理論的にきちんと説明をしてありますし、あれを読めば、なるほど、決してまやかしではなくて、ちゃんとした理論にのっとった療法だということがわかります。
自分が受けてみて本当に効果というのを感じたので私はどんな人にもお勧めできますし、します。

ーニュージーランドには整体がないとおっしゃっていましたが…

整体自体がないですね。
マッサージと鍼と、鍼は中国式の鍼ですね、あとオステオパシー、唯一近いと言ったらオステオパシー。
リフレクソロジ―はありますが、それはマッサージサロンみたいなところでやっている感じです。

ー当院の雰囲気はどうですか?

ものすごくいいです。
駅からも近いですし、その割にはとても静かですし、いつ伺ってもとても清潔ですし、治療院っていう感じではない。
いい意味で。本当にちょっとお宅にお伺いして診ていただいているような。

リラックス系の音楽が流れているのでどちらかというとエステサロンじゃないですけどそんな感じですし、今まであった古くからの整体っていうのを常識をちょっと覆すというか、そういった印象は受けました。


第5章 施術を検討している方へのアドバイス

ー同じような症状や、全身の不調などで困っている方にアドバイスがあればお願いします。

自分の場合は似たような症状を見つけることができなかったのでものすごく不安だったのですが、「どんなことでもご相談ください。」という一言を信じて、メールを送ってみてよかったと思っています。諦める前にまず先生にご相談されたらいいのではないかと思います。

きちんとしたお返事をいただけることは確実なので、一人で悩む前にまず相談することが大切かなって思います。


S様、本日はお忙しいところ、貴重なお話をありがとうございました。



HOMEごあいさつ施術方法について施術の流れ料金・ご予約・ご相談症例解説アクセス
お客様の声よくあるご質問個人情報保護方針 |

恵ルナ療法院やすらぎ

 
お知らせ

12 月  16日
 施術ブログを更新しました

◎12月休業日
17日(日)、21日(木)
24日(日)

12月25日(月)〜27(水)は
10時〜19時
28日(木)は
10時〜13時までの営業
となります。

年末年始休業
12月29日〜1月4日まで



◎1月休業日

1日〜4日
7日(日)、8日(月・祝)
11日(木)、14日(日)
18日(木)、21日(日)
25日(木)、28日(日)



◎お気軽にメール相談をご利用ください!
詳しくはこちら


お客様回復体験談を追加しました。


手のひらのガングリオン 体験談はこちら

膝痛・足裏の痛み 体験談はこちら

膝の痛み 体験談はこちら

ふくらはぎの痛み・ムズムズ症状 体験談

ふくらはぎ肉離れ 体験談はこちら

肩甲骨周りの痛み 体験談はこちら

顎の痛み 体験談はこちら

膝の捻挫(膝痛) 体験談はこちら



◎スタッフは全員女性
婦人科系疾患や女性特有の症状でお悩みの方・男性の施術者が苦手な方・妊娠中の方・生理中でも安心していらしてください
もちろん、男性もOKです。

◎小さなお子様連れOKです


〒331-0804
埼玉県さいたま市北区
土呂町2−60−2
TEL 048−778−8912
 



各地の療法院紹介