アレルギー性紫斑病でお悩みなら さいたま市大宮の無痛整体院 エルナ療法院やすらぎ 宇都宮線土呂駅東口徒歩4分 駐車場2台完備

ご予約・お問い合わせは
TEL.048−778−8912

HOME>症例解説紫斑病

紫斑病について

紫斑病の解説のページです。

アレルギー性紫斑病 (朝霞市・2才・S.S様)
『紫斑もすっかりきれいになり、腹痛もおさまりました。』
                      体験談を読む

紫斑病とは?

一般病理学によると

扁桃炎や食べ物によるアレルギー反応や他様々な原因で血管に炎症が起こり、血管から血液がもれて皮下出血し、紫色の斑紋が出るとされている病気です。
発症部位は様々ですが、主に四肢(特に下肢)に紫色の斑紋が出ます。
病名はいくつかあり、アレルギー性紫斑病と呼ばれるものは、小児に多く発症し、紫斑と共に腹痛、脚の痛み、関節痛などの症状が出ます。


紫斑病に対する無痛ゆらし療法の考え方

一般に安静や投薬などの処置を施しますが、無痛ゆらし療法では、紫斑病の根本原因を「内臓の不調」と「頸椎(首)の緊張や歪み」と考えています。

首に負担がかかる姿勢が続いたり、疲労の蓄積や過剰なストレスが続くと、首周辺の筋肉が硬く緊張し、頚椎の歪み・神経圧迫を引き起こします。
また、事故の後遺症や出産時の吸引分娩、頭部周辺に強い衝撃を受けたことが原因で頚椎に異常が出る場合もあります。

中枢神経が集中する頚椎に問題が起きていると、自律神経失調や内臓機能低下が起き、自然治癒力が低下していきます。

その結果、アレルギー症状や、紫斑病における紫斑・腹痛・足の痛み・関節痛などが起こりやすい状態となります。

紫斑病に対する無痛ゆらし療法の取り組み

紫斑病と診断された方のほとんどは、背骨周辺、特に頚椎や腰椎周辺の筋肉に異常な緊張が見られます。

この緊張を解消してあげることで、まず、腹痛や足の痛み、関節痛がなくなります。
頚椎部分での神経圧迫が解消されれば、内臓は正常な機能を取り戻し、紫斑が消えていきます。

薬や器具を使わずに身体にやさしく正しくアプローチすることにより、本来持つ回復力を引き出し、紫斑病から回復しやすい状態に整えていきます。
副作用がない施術方法ですので、薬を飲みながらでも安心して施術を受けていただけます。
(当院ではいちばん小さい方で、2歳の男のお子さんが紫斑病から回復されています。)

紫斑病から回復までの流れ

      

症状にもよりますが、腹痛や足の痛み、関節痛が強く出ている場合は、初めの数回は詰めて施術を受けていただくことをおすすめしています。

頚椎の筋肉の緊張が解消してくると神経圧迫から開放されるので、痛みが軽減しやすくなります。
また頚椎の状態が良くなるということは、自律神経の働きも安定し、内臓機能の活性化につながります。
次第に、紫斑病の症状が出なくなり、出たとしても自分の回復力で消えていくようになります。

回復期間は、症状や薬の服用によっても個人差があります。
大人とお子さんでも回復のスピードは異なります。
数回〜5回で良くなる方から、数ヶ月かかる場合もあります。

一度施術で回復されると、その後よほど無理をされたり、過剰なストレスがかかったりしないかぎりは、症状が出る可能性は低いでしょう。
風邪を引いたときや疲れが蓄積したときに一時的に紫斑が出る場合もありますが、施術を受けていただくことでほぼ改善されます。

紫斑病でお悩みの方は、まず一度お気軽にご相談ください。

*急性期の激しい症状が出ている場合は、医療機関での検査・治療が必要です。

      

















































HOMEごあいさつ施術方法について施術の流れ料金・ご予約・ご相談症例解説アクセス
お客様の声よくあるご質問個人情報保護方針 |

恵ルナ療法院やすらぎ

 
お知らせ

12 月  16日
 施術ブログを更新しました

◎12月休業日
17日(日)、21日(木)
24日(日)

12月25日(月)〜27(水)は
10時〜19時
28日(木)は
10時〜13時までの営業
となります。

年末年始休業
12月29日〜1月4日まで



◎1月休業日

1日〜4日
7日(日)、8日(月・祝)
11日(木)、14日(日)
18日(木)、21日(日)
25日(木)、28日(日)



◎お気軽にメール相談をご利用ください!
詳しくはこちら


お客様回復体験談を追加しました。


手のひらのガングリオン 体験談はこちら

膝痛・足裏の痛み 体験談はこちら

膝の痛み 体験談はこちら

ふくらはぎの痛み・ムズムズ症状 体験談

ふくらはぎ肉離れ 体験談はこちら

肩甲骨周りの痛み 体験談はこちら

顎の痛み 体験談はこちら

膝の捻挫(膝痛) 体験談はこちら



◎スタッフは全員女性
婦人科系疾患や女性特有の症状でお悩みの方・男性の施術者が苦手な方・妊娠中の方・生理中でも安心していらしてください
もちろん、男性もOKです。

◎小さなお子様連れOKです


〒331-0804
埼玉県さいたま市北区
土呂町2−60−2
TEL 048−778−8912
 



各地の療法院紹介