喘息でお悩みなら さいたま市大宮の無痛整体院 エルナ療法院やすらぎ 宇都宮線土呂駅東口徒歩4分 駐車場2台完備

ご予約・お問い合わせは
TEL.048−778−8912

HOME>症例解説喘息

喘息について

喘息の解説のページです。

喘息とは?

一般病理学によると

時々発作を起こす呼吸器系の病気で、咳、咳鳴(ぜいぜい、ヒューヒューという呼吸音)、胸の締め付け感、呼吸困難等があります。

精神的ストレスや気温の低下、動物の毛や洗剤、ダニなど、種々の刺激に対して気管や気管支が過敏になり、気管狭窄が起き、発作が起きやすくなると言われています。
アトピー型(アレルギーによるもの)、感染型(細菌やウイルス感染によるもの)、混合型があります。

治療やアレルゲンがあればそれを避け、抗炎症剤、気管支拡張薬、抗アレルギー薬、吸入ステロイド剤を使用します。
ステロイド治療によって、ステロイド依存性喘息になると、非常に治りにくくなります。


喘息に対する無痛ゆらし療法の考え方

喘息の呼吸器障害では、首回りや胸部の筋肉の緊張を取ることで気道を確保し、症状も大きく改善していきます。

気道狭窄が起きる原因は、首、胸部、背部周辺の緊張や歪み、椎間板の潰れから引き起こされると考えています。
頸椎周辺の問題があるときに、咳かぜなどをきっかけに肺周辺の筋肉の緊張も強くなります。

肺周辺の筋肉の緊張が強くなると咳が出やすくなり、咳によって胸の緊張が強くなるという悪循環が起きてきます。
こうなると、常に胸部の緊張が強くなり、気道が圧迫されます。
肺や気管支も過敏な状態になり、ダニ、ハウスダスト、花粉など、微量の刺激でも呼吸困難、咳鳴、咳などをするようになります。

また、中枢神経が集中する頸椎周辺に問題が起きていると自律神経失調症や内臓機能低下が起き、自己治癒力、体力が著しく低下します。
主原因である首・胸部・背部周辺の問題を解消することで、喘息の根本的な問題解決を図ります。




















HOMEごあいさつ施術方法について施術の流れ料金・ご予約・ご相談症例解説アクセス
お客様の声よくあるご質問個人情報保護方針 |

恵ルナ療法院やすらぎ

 
お知らせ

12 月  16日
 施術ブログを更新しました

◎12月休業日
17日(日)、21日(木)
24日(日)

12月25日(月)〜27(水)は
10時〜19時
28日(木)は
10時〜13時までの営業
となります。

年末年始休業
12月29日〜1月4日まで



◎1月休業日

1日〜4日
7日(日)、8日(月・祝)
11日(木)、14日(日)
18日(木)、21日(日)
25日(木)、28日(日)



◎お気軽にメール相談をご利用ください!
詳しくはこちら


お客様回復体験談を追加しました。


手のひらのガングリオン 体験談はこちら

膝痛・足裏の痛み 体験談はこちら

膝の痛み 体験談はこちら

ふくらはぎの痛み・ムズムズ症状 体験談

ふくらはぎ肉離れ 体験談はこちら

肩甲骨周りの痛み 体験談はこちら

顎の痛み 体験談はこちら

膝の捻挫(膝痛) 体験談はこちら



◎スタッフは全員女性
婦人科系疾患や女性特有の症状でお悩みの方・男性の施術者が苦手な方・妊娠中の方・生理中でも安心していらしてください
もちろん、男性もOKです。

◎小さなお子様連れOKです


〒331-0804
埼玉県さいたま市北区
土呂町2−60−2
TEL 048−778−8912
 



各地の療法院紹介